MENU

特定健診・特定保健指導制度について


日本人の死亡原因の第2位は「心臓病」、第4位は「脳血管の病気」です。
特定健診(メタボ健診)は、血管の動脈硬化を早めに防いで、心筋梗塞や脳梗塞などの血管が詰まる病気にならないようにという取り組みです。

特定健診(メタボ健診)の結果、生活改善の必要な方には、所属する保険組合(保険証の発行元)から特定保健指導を受けるよう「はがき」が届きます。

保健師、管理栄養士が生活改善に向けてお手伝いします。

 初回は必ず面談が必要です。
 オリーブ高松メディカルクリニックにお越しいただきます。

 必要なものは
 ・特定保健指導利用券
 ・健診・ドックの結果(当クリニックで受けた方は不要)
 ・健康保険証

まずは、お問い合わせください。

「積極的支援」「動機づけ支援」とは!?


肥満に加え、「高血糖」「脂質異常」「血圧高値」の危険因子が重ならないように保健師や管理栄養士が生活改善をお手伝いします。
一緒に実現可能な目標を立て、具体策を考えて実践していきます。



特定保健指導の実績